どっちが得かよーく考えてみよう

  • 2019.11.15 Friday
  • 10:16

どっちが得かよーく考えてみよう」とは、サクラカラーという写真撮影フィルムの宣伝文句。

欽ちゃんと呼ばれた萩本 欽一というお笑い芸人の方が宣伝していた。

 

その当時、日本の35ミリカラーフィルムは、富士写真フイルム(フィルムではなくフイルムが社名としては正しい。)とコニカ(小西六)から発売されていた。この宣伝の当時、富士のフジカラーは20枚撮り、コニカのサクラカラーは24枚撮りと箱に表示されていた。4枚多いので得だという宣伝だった。35ミリのフィルムは、12枚撮り、24枚撮り(20枚撮り)、36枚撮りが存在した。12の倍数なのがお分かりだろうか? 実は、20枚撮りと表示されていても、フィルムの装填の仕方によるが、4枚ぐらいは多く撮影できた。この宣伝のすぐあとに富士も24枚撮りとなる。

 

合同会社ケイエックスのパソコン教室は、1講座が1日か2日で富士通の教室用テキスト(セミナーテキスト)1冊分なので、よその教室で何か月も通うより非常にお得。ヘッドフォンもイヤフォンもビデオもない個人教授式なので、非常に効率がよく受講時間が短いからお得。「よーく考えてみよう」。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM