牛乳余り

  • 2020.04.24 Friday
  • 19:52

 

学校が休校しているので、牛乳があまって困るから買ってくれという。

 

もっともらしい話だが、子供の人数が減っているわけではないので、必要だと親が思えば買っているはず。売れない理由は、「子供に必要ないから」と親が認識しているということだろう。必要だと思えば、買っているはずである。

 

日本人の多くは「乳糖不耐」と言って、牛乳を飲めない。飲むとおなかを壊す。子供のうちは影響が少ないとはいえ、まったくないわけではない。昔から、強制的に学校で飲ませる目的がまったくわからない。

 

バターやヨーグルトなど乳糖が減る加工方法はいくらでもあるので、牛乳業者には考えてもらいたいものだ。

 

何年もバター不足で「おひとり様1箱」が続いている。替わりにマーガリンを使っているお店も増えた。余るというのなら、バターを増産すべきだ。

 

あべのマスクと配給制度

  • 2020.04.18 Saturday
  • 16:29

JUGEMテーマ:今時言葉

配給あべのマスクが届いた。

ゴム紐が細く短く小さすぎて使えなかった10年前のマスク(ほこり吸ってる)より小さい。下側が10年前のマスク。買ってからほったらかしだった未開封のが残っていたのの封を開けてみたら、直接、紙の箱に入ってるのでほこりを吸っていた。

 

マスクに限らず、配給制度が復活するだろう。配給制にするために政府や自治体がいったん全部買い上げる。日本でも戦中戦後、これで多くの庶民が苦しんだ。一般庶民が多くの物資を自由に買えなかった時代。米も自主流通米が認められるまで古古古米を食べさせられた。コメ不足の時も米穀通帳が必要で、米屋が威張っていて頭に来たのを思い出す。配る係りが権力を得て、好き放題のことをやりだす。今も昔も変わらぬ構図だ。配給物資での争いは紛争地帯のニュースでさんざん見てきた。

 

ごく一部にではなく、全国民に品質が良い必要な量のマスクが行き渡る政策の速やかな実施を望みたい。

 

あべのますく

 

赤いのは、社名やブランド名を隠したもの。現在は多少改善されているらしいので。

 

講師のマスク着用は20年前からのパソコン教室 東京世田谷合同会社ケイエックス

 

ワインのコルク栓の種類と特徴

  • 2020.04.17 Friday
  • 16:17

JUGEMテーマ:雑記

 

 

よくワインを料理に使います。

もらったワインだと、あの面倒くさいコルク栓で「またか。あぁあ。」となりますよね。

 

コルク栓の種類には大きく分けて2種類あって、砕いたコルクの皮を接着剤で固めたものと、コルクの木の皮そのままのものです。

 

(写真は転がらないようにセロテープでとめてあります。)

写真の左側の2つは、コルクの木の皮そのままの栓で、高級なワインによく使われています。これがとくに面倒。長いし、年輪みたいなところで抜いている途中に折れるというかちぎれるというか。1、2センチ抜けたら、鋏などで切ってしまうのが正解です。面倒だから売れない→売れないから高いってこともないのだろうけど、高いワインほどこれが多い。(天然コルク栓というらしい)

右側の2つは比較的安いワインに多いコルクの皮を砕いて接着剤で固めたものです。こちらは、短くて抜きやすいのが特徴です。抜いている途中にちぎれることはほぼありません。「売れるから安くできる」は正しい論理。(圧縮コルク栓というらしい)

 

 

 

下の写真は一般的なソムリエナイフで抜いているところ。長いコルク栓はフックの長さが足りないため、2、3センチ残ってしまいます。2段式のダブルアクションと呼ばれるものもありますが、栓が長いと途中で折れるのはあまりかわりません。ボトルから出ているところで切ってしまって再度挑戦したほうが簡単です。

 

ワインの栓抜き

ワインの開栓はお教えしないパソコン教室 東京世田谷合同会社ケイエックス

 

アマゾン(Amazon)の「おすすめ商品」

  • 2020.04.05 Sunday
  • 16:03

JUGEMテーマ:雑記

 

Amazonの「あなたへのおすすめ商品」は、主に買った物の商品名とレビューした内容の文字を参考にして表示されたりメールが来たりするようだ。

 

AIでやっているんだろうが、まともに働いていると思えない。

 

 子供用品の宣伝メールがなんで来るのかと思ってみると、「スマイルキッズ」というブランド名の商品をたまに買っているからなようだ。ここの商品、子供とほぼ関係がない。「Excel」というブランド名の化粧品もおすすめにされている。これは、マイクロソフトのExcelとの勘違いだろう。「マグカップ」の宣伝は、エプソンプリンター用インクのあの買う時のヒント用のキーワード「マグカップ」が原因。「リコーダー」なら笛がおすすめになるのだろう。「パスタロン」という肌の保護クリームは、「パスタソース」を買ったから。マイクロソフトOffice系のテキストの「ドリル」から、「う●こドリル」なる小学生用の下品な本がおすすめとなるのだろう。「ブラジャー」の宣伝は「ブラックインク」が原因だと思う。商品カテゴリーを完全に無視しているようだ。レビューの単語も拾っているようだ。それと、単語での違反検出もやっているようだが、「2本のパイプを差し込んで組みたて」なんていう言葉まで違反だと言ってきたことがある。あとで、謝罪メールが来たが。

 

 うちは、「高齢者用や児童用の講座はありません。すべてビジネスパソコン講座です。」と書いておくと、「高齢者パソコン教室」や「児童用パソコン教室」を検索エンジンで引くのか、たまに間違って「Excelの初心者向け講座」などに申し込んでくるお年寄りがいる。「Excelってなんですか?」と受講中に聞いてくる。

 

 

 高齢者用や児童用の講座はないビジネスパソコン教室 東京世田谷合同会社ケイエックスのパソコン教室

 

Amazonの勘違い

 

『虚構推理』

  • 2020.03.30 Monday
  • 06:10

『虚構推理』は、怪異譚ミステリー小説。

最近、コミックやアニメ化もされた。

ネット上の書き込みで自分の意思を相手の思惑通りにされる人々の危うさを扱った小説という見方もできる作品。

 

ネットへの書き込みによって幽霊が現れたという設定。読んだ人々の強い思念によって幽霊は生まれたのだという。

その幽霊を消滅させるには、主人公が「虚構」ではあるが理論的で合理的な「推理」を書き込んで、その幽霊がいないことを証明しなければならない。

 

この小説では「虚構」と「虚構」のバトルになるのだが、現実では、「危機が訪れる」派と「なんも起きっこない、心配ない」派のバトルをわれわれは見ることがある。「推論」や「推理」や「推測」で近未来に起こりうる危機を掲示板などで発信していると、「うそだ」「デマだ」「推論にすぎない」「虚構だ」と攻撃してくる者たちが必ずいる。近未来も予測できない危機管理能力がない人々である。起きないなら起きないでよいので、「大丈夫だ」と言わずにいつも「危機に備える」ことが重要だ。

 

合同会社ケイエックス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この子はメイプルちゃん。

  • 2020.03.08 Sunday
  • 17:12

JUGEMテーマ:雑記

 

メイプルシロップ入りのパン。
7-Eleven新製品。
バームクーヘンのように年輪がある。
「メープル風味のしっとりブレッド」という商品。さいきんはやりの極振(きょくふり)アニメの影響で売れるんじゃないかと思う。メイプルじゃなくて、メープル(訛ってる?)だが。
店員さんがアニメみたいな黒い不気味なマスク着用だった。店員用のマスクも不足しているのだろう。
無菌の安心安全な工場の製品。かえるがいそうな所の工場だが、かえるやおたまじゃくしもはいっていない(たぶん)。
この子はメイプルちゃん。

セブンイレブンのメープル風味のしっとりパン

 

 

新型コロナウイルスやらインフルエンザやら

  • 2020.02.08 Saturday
  • 18:50

JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

 

新型コロナウイルスやらインフルエンザやら、たいへんな勢いで地球規模で蔓延しています。

手洗い、うがい、器具や空気の消毒に気をつけましょう。

うちの教室は、先生の予防注射義務あり、先生のマスク着用義務あり、受講者もできれば着用を推奨です。

 


 

 

安心安全なパソコン教室は合同会社ケイエックスのパソコン教室

 

のうきん

  • 2019.12.09 Monday
  • 18:38

JUGEMテーマ:今時言葉

 

「のうきん」、一般的には、「脳まで筋肉」の略で拝筋主義者のことを指すようだが、最近は、かわいい女の子たちが主人公たちなラノベ(ライトノベル、WEB小説)およびその商業書籍小説よよびそのコミック版およびアニメ版『私、能力は平均値でって言ったよね!』の略称でもあるそうだ。

 

『私、能力は平均値でって言ったよね!』は、「脳筋」な悪漢たちなどを平均値以上の能力をもった少女たちが倒していく痛快なSF小説である。

 

向日葵を日向葵だと思っていた

  • 2019.12.07 Saturday
  • 18:23

JUGEMテーマ:雑記

 

ヒマワリの漢字、向日葵を日向葵と間違っていた。

全然、気が付かなかった。「ひなたあおい」と書くとずっと思っていた。

 

向日葵

 

 

 

 

 

Amazonのvideoが再生できないとき

  • 2019.12.03 Tuesday
  • 05:58

Amazonプライムビデオのレビューを眺めていると、時々「★☆☆☆☆」と星1個の評価があるので、読んでみると、「再生できない」とある。お気の毒だが、環境の問題だと思う。

 

予告編が見ることができて、本編が見られない(途中でエラー表示)場合は、グラフィックボードとモニターの接続がHDCP対応のデジタルでない場合が多いと思う。HD以上のVideoはHDCPというコピーガード用の暗号化がされているので対応機器でないと再生できない。アナログであるD-sub15ピンとか古い規格だとキャプチャーボードで録画できるので、再生できないようになっている。デジタル接続のDVI-IかDVI-DかHDMIケーブルで接続できないか、グラフィックボードとモニターを確認してほしい。もし、できないようなら、再生画質を「SD(標準画質)」にすれば見ることが可能だが、切換えはグーグルクロムでないとうまくできないようだ。